更新日 2018年5月5日
2018年度用(2018年2月開講)です

塾長からのお知らせ

写真は全て要学院の卒塾生です。
 
24時間以内に要学院からの返信メールが届かない場合はお電話にてお問い合わせください。

2018年4月26日現在

新講座のお知らせ

大手塾に通っている受験生で成績が上がらずに困っている生徒対象。
1ヶ月で見違えるように変身する講座が始まります。
多くの受験生を見てきた要学院が、成績アップするために行わなければならないことを徹底的に指導し、受験生の学習姿勢を根本から変えます。

成績が上がらない理由は、ポイントを絞れば下記のようになります。
 

授業をしっかりと聞いていない。
家庭学習の取り組み方が間違っている。
丸付けの方法が間違っている。
テストの復習の仕方が違っている。
勉強しろといわないと勉強できない。
できた、終わった、大丈夫という過信。
 
上記の症状が見受けられる受験生は要注意!!
 
要学院の新講座で「正しい受験生に変身」しよう!! 
 
受講料 理科・社会・・・1ヶ月で完了コース2万1600円。
受講料 算数・・・・・1ヶ月で完了コース4万3200円。
募集定員・・・理社3名、算数1名。
時間割・・・要相談。
指導形態・・・完全個別指導(週1回1~2時間の指導+各種間接指導)
詳細は、電話でお問い合わせください。☎0568-85-1914 平日の15時から21時
 
なお、ゴールデンウィーク期間は休講となっております。

2018年4月25日現在

塾長への質問を追加しました。

 塾長が答えるQ&A
要学院と同じような指導方針の塾がありますか?

2018年3月31日現在

塾長への質問を追加しました。

 塾長が答えるQ&A

2018年3月14日現在

春期講習3月24日(土)から4月7日(土)

一斉指導クラス
新5年生
全8日間・・・15:00〜17:00
新6年生・・・15:00〜18:50
 
個別指導クラス
補強したい単元を指導します。
 
算数または国語
月曜日・・・20:30〜21:30
火曜日・・・16:50〜17:50、17:50〜18:50、18:50〜18:50、19:30〜20:30、20:30〜21:30
水曜日・・・16:50〜17:50、20:30〜21:30
土曜日・・・13:00〜20:00
 
理科・社会
木曜日・・・3月末まで満席
金曜日・・・3月末まで満席
土曜日・・・ご相談ください。

2018年2月20日現在

個別指導可能時間割

要学院では新年度より「個別指導」のクラスを開講し、今まで通りの「一斉指導」に加え「個別指導」のクラスもあります。

個別指導のクラスでは、生徒諸君の希望に合わせた授業も行っていますが、担当が2名しかおりませんので、時間帯によっては満席となっています。 
以下に、現時点での指導可能日程をお知らせしますので、ご都合が合えば是非ともお選びください。


算数または国語読解(読み書きの達人)が指導可能 

月曜日・・・20:30〜21:30 
火曜日・・・16:50〜17:50、18:50〜18:50、20:30〜21:30 
水曜日・・・16:50〜17:50、20:30〜21:30
土曜日・・・13:00〜21:00

理科・社会は3月末まで満席状態です。(申し訳ありません)

木曜日・・・3月末まで満席 
金曜日・・・3月末まで満席 
土曜日・・・満席
 

2018年2月8日現在

新中1のための英語講座募集   

 
2/8に募集開始したこの講座は、2/19に満席になったため募集終了です。ありがとうございました。
 
 私立中学校に合格した生徒諸君のために英語講座を開講します。
指導形態・・・完全個別指導
指導期間・・・2月8日(木)から3月30日(金)の8週間
授業曜日と時間・・・1時間単位で何時間でもお選びいただけます。
月1・・・毎週月曜の17時から18時
月2・・・毎週月曜の18時から19時

木1・・・毎週木曜の17時から18時
木2・・・毎週木曜の18時から19時

金2・・・毎週金曜の18時から19時

授業料・・・1時間3240円(税込み)
教材費・・・実費
 
多くの中学校の説明会で、「英語は入学後に基礎から指導します」と言われますが、実は、ABCもそこそこにハイスピードで進んでいく学校が多いのが現実です。したがって入学前にしっかりと基礎事項を身につけておかないと大変なことになります。

 中学校の英語で、最初の壁となるのが、「英単語」「be動詞と一般動詞の区別」です。

 次の壁となるのが、2020年の指導要領改訂です。この年から、中学校の英語授業は原則英語で行われることになり、生徒の発表も英語で行うことになります。そして、この指導要領の改訂は2018年から前倒しで採用する学校もあります。皆さんが通う私立中学校では前倒しで新しい授業が行われる可能性が高いです。つまりこの壁は「話すこと」と「聞くこと」の壁です

 この二つの壁で立ち止まることなく、突き進める生徒になってもらうため、要学院英語講座(期間限定)が開講されます。

 最初の壁を乗り越えるために使うテキストは、現在の中学生も使っている教科書理解のためのものを使います。いわゆる中学1年生用の英語教材です。

 二つ目の壁を乗り越えるために使うのは「フォニックス」です。英語を読む場合、ある程度の規則性があります。その規則性をマスターすると読めない単語がなくなります。(私が中学生の時、ジョージをゲオルグと読んだ友人がいましたが、フォニックスを学習すると「英単語を見れば読める」「英語を聞けば単語がイメージできる」ようになりますのでGeorgeはジョージと読めます。)

 中学生の英検目標は2020年から準2級取得に引き上げられますし、皆さんが大学を受験するときには、英検やTOEFL(トーフル)などの外部テストが重要になる可能性が高いです。

 皆さんのご両親が受けた英語の授業は、過去のものとなってしまいます。誰も経験したことのない新しい英語授業で困らないように指導しますので、多くの皆さんに参加いただきたいと思います。

 受験勉強で身につけた学習習慣を崩すことなく、英語の学習を3月30日まで続けてくれることを希望します。

2018年2月7日現在

個別指導コースの満席状況

 
以下の枠が満席となりました。
 
土曜日の理社枠全て
火曜日の19時から20時
 

2017年12月25日現在

個別指導コースの満席状況

 
以下の枠が満席となりました。
 
月曜日 16時から17時
月曜日 17時から18時
月曜日 18時から19時
月曜日 19時30分から20時30分
水曜日 18時から20時

2017年11月23日

2018年度授業のホームページに変更しました。

2018年度のポイントは「個別指導の充実」です。
これにより、問題点の多い大手塾で学習している受験生をフォローすることが可能となりました。
 
2018年度個別指導クラスの水曜日18時から20時の申込みを受け付けました。この時間帯は満席となりました。(2017年11月23日)

2017年7月〜8月

連続企画「転塾キャンペーン」実施中

要学院に、転塾で来てくれた場合、2万円から4万円分の学費が割引されます。
7月1名・8月1名・9月1名・10月1名・11月1名
4年生と5年生に限ります。
 
詳細はお問い合わせください。
 

5年生の7月枠が終了しました。転塾ありがとう!(7月11日)
5年生の8月枠が終了しました。転塾ありがとう!(8月1日)

6年生1名空席発生!

1名追加募集開始
要学院6年生クラスに欠員が出ます。
その結果、1名の枠が発生しました。
興味のある方は是非お問い合わせをください。

欠員が出た理由 首都圏中学校推薦入試に切り替えたため、英語の学習が必要となりました。そのため、4教科指導を英語の指導に切り替えました。もちろん英語も要学院で指導します。
 

2017年7月

5年生募集中!

要学院では私立中学受験コースの5年生を募集します。例年、6年生からでは座席が空いていない可能性が高いため、5年生の段階で座席確保がいいですね。
5年生は、1年間を使って受験の基礎レベルを全て完了させます。そして、6年生からは学費もそのままに、指導時間が大幅増加し、受験応用レベルの学習を積み重ねます。
 
6年生の通塾曜日と時間
火曜日から金曜日・・・17時から21時30分
学費・・・3万880円
 
5年生の通塾曜日と時間
火曜日から金曜日・・・17時から18時50分
学費・・・2万6130円
 
 

4年生募集中!

要学院では私立中学受験コースの4年生を募集します。入試の基礎をじっくりと養成する4年生の講座で学習する生徒を募集します。
 
4年生の通塾曜日と時間
月曜日・・・17時から18時30分
土曜日・・・16時から17時30分
学費・・・1万1660円

2017年6月

授業時間が増えたぞ!


6年生は6月より通塾時間が増えます。現状に加え、火曜日から金曜日まで、16時50分から18時50分の時間が通塾可能となります。もちろん追加料金は必要なし。
この結果、火曜日から金曜日の16時50分から21時30分が6年生の通塾日程となります。
 

金城&南山男子部コース 満席御礼 5/19

お申し込み多数のため今年度の募集は終了しました。
 

6年生の私立中学受験コース 満席御礼 5/19

要学院の指導をご理解くださる方々の入塾が続き、満席となりました。
5年生と4年生はどしどし募集中です。因みに各学年の定員は8名です。8名まで先着順で入塾可能!!

2017年4~5月

GW特訓


4月30日(日)はカリテ復習講座実施。今回は、13時から18時で算数カリテの総復習。途中でイオン春日井の「31」へ。生徒全員とおやつタイムなのだ。ところが、ところが、約30人が列を成している状態。今週はダブルが31%オフ。
がっかりして、ミスドに変更。
 
5月1日(月)から5日(金)はゴールデンウィーク特訓が開講される。遊んでいる場合ではないのだ!!
 

2017年3月

新年度の施策について (まずは6年生、続いて5年生と4年生)


平成29年度の入試問題を見ると、思考力が必要な問題がずいぶんあるね。上位校ではもちろんなんだけど、中堅校でもその傾向が顕著だな。算数などは、今までの、〇〇算等では対処できないぞ。どうする?
頼りになるのは自分の頭だ。例えばただ一人無人島に漂着したときに、ご飯を待っている小学生はいないよね。みんな必死で食べ物を探すよね。今年の入試もそれなんだ!問題を読んでも、どうしたらいいのかわからないんだ。そこであきらめる生徒には合格通知は届かない。そこで必死になって考える生徒には合格通知が届く。
どうしたらそういう生徒が育てられるのか?それが問題だ!
生まれながら優秀な生徒が最初から身についているそんな力を、生まれもって身についていない生徒にどうやって身につけさせるのかが、今年の要学院のテーマの一つだな。
施策の第一歩として、「自分の頭で解く練習、時間無制限だよ」と題して、日曜日に特訓を始めることにした。10時30分から21時まで。食事は全員でイオン春日井フードコートで食べる。しかも昼と夜。おやつもイオン春日井に買い出しだ!
無人島ではないから食事の心配はいらない。心配するのは「自分の頭をはたかせること」だ。
頑張ろう!!
追伸 今年の入試問題が欲しい人は、実費(USB代金のみ)で分けてあげるよ。事前連絡の上、要学院に来てね。形式はPDFね。
 
上記記事の結果報告は↓
要学院塾長のブログ 2017年3月7日
 

2017年2月

中学校に合格した皆さんへ

 
私立中学合格おめでとうございます。第一志望の学校に合格できた人も、そうでない人もいると思います。そんな皆さんに大学受験という視点からお伝えします。
 
幼稚園や小学校では地元というエリアの中で戦い、中学受験では愛知県というエリアで戦ったのですが、次の大学受験は全国の高校3年生や既卒生と戦うわけですから、東海だ、南女だという狭い範囲での優劣は、ある意味通用しません。戦う相手は、開成高校、灘高校の生徒であり、全国区での戦いとなります。

学校によっては、たくさんの模試を受験しますが、個人で受験する場合も、校内順位や地区順位より全国順位を意識してください。

近年の大学受験者数は67万人程度(人口減少の割には受験者数は減少していません、またそのうちセンター試験を受験した生徒数は57万人)です。国立大学入学者の全国定員は9万5000人。そして東大の定員は3000人です。わかりやすく言えば、全国67万人中の3000番を目指すのが今後の戦いとなります。

これらが、所属する組織は大学受験においては無意味という理由です。どこの学校に行っても頑張ることで大学が決まってきます。人生に於ける重要学歴も大学だと思います。

皆さんの大学受験は制度が大きく変わり、新しい尺度が要求されますが、それでも競う相手は全国の受験生です。
 
充実した6年間を過ごすためにも、ちょっぴり6年後を意識してみてください。
 

 

2016年12月

12/27 保護者の方から、大手塾で困っているというメールを頂きました。

 南山男子部志望の受験生に、南山男子部のありもしない悪い噂を伝え、東海受験を勧める大手塾講師。その人間によって親子共々中学受験の気持ちが失せているとのこと。
塾長のQ&Aでも触れているように、横暴な大手塾の講師・自分のことが最優先の大手塾講師、講師がこのようになるのは、当然会社の方針に問題があります。子供より会社の利益を優先する身勝手な体質。儲けた金はどこへ行くんだ?とんでもないところに行っていないのか?

12/8 要学院のサイトをリニューアルしました。

12/8中学受験コース、新年度生の募集開始です。興味のある人は早めの問合せをしないと大変だよ。 
12/8 中学受験コース、説明会参加者受付中。
説明会内容は以下の通り
要学院と大手塾との違いが理解できる。 
大手塾で成績が上がるタイプの生徒と個人塾で成績が上がる生徒のタイプ紹介。
なぜ、要学院では比較的楽に受験勉強が進むのか・・・秘密発表!!
なぜ、要学院の授業はよくわかっちゃうのか。その秘密を公開。
なぜ、○○塾では難しい問題ばかりを指導するのか?
なぜ、○○塾では朝から晩まで勉強しないといけないのか?
なぜ、○○塾ではそんなに塾代が高いのか?
なぜ、○○塾ではそんなに不安をあおるのか?
なぜ、○○塾では入試問題に無知なのか?
なぜ、○○塾では受験校を誘導するのか?
なぜ、○○塾では成績の上がらない受験生が生まれてしまうのか?
これらの問題を解決する方法を考えました。

詳しくは、入塾説明会へお越しください。 

質問を頂きました。4年生授業はいつから始まるのですか?
  答え 2月開始です。
たくさんのお問い合わせをありがとうございます。
 個別説明会は順番に実施させて頂きます。

12/14 新しい広告です。12月22日(木)に春日井小牧地区に入ります。

エグスプロージョンの踊る授業風に
へんじゃなーい? へんじゃなーい!
じゅけんじゅくのへん
この踊り、塾生のTSさんがうまいんです。