来年(2019年)2月開講 中学受験コースのご案内(一部紹介)
来年まで待っていられない。今すぐこの指導方式を希望する受験生も相談に応じます。

 

 

中学受験塾に入塾させると、家族の生活が一変する?
 
皆さんが中学受験塾を選ぶとき、どんなイメージをお持ちでしたか??
↓こんなところでしょうか。 ↓↓↓
(1)「お金を払って塾に入れるのだから、子どもの勉強は全て塾が面倒見てくれる。」
(2)「子どもが勉強好きになって自ら進んで勉強してくれるようになる。」
(3)「順調に成績が上がって、東海だろうと南女だろうと合格できる。」
 

ところが、大手塾に入塾した多くの方が感じていることは、残念ながら↓↓↓こんなところです。

〇お母さんがお子さんの勉強を見てあげないと成績が維持できない。
〇お母さんが教えようと思っても、苦手だから教えられない。
〇授業が難しくなって理解するのが子どもだけでは困難になってきた。
〇親が面倒を見なければいけないことがたくさんある。塾からはもっと勉強するよういわれる。
〇塾からの宿題が多すぎて消化不良をおこしている。
〇宿題を解くとき、答えを見て書き写しているという最悪の状況を感じるときがある。
〇塾の成績を上げるために、別の塾へも通うことになった。
〇塾の成績を上げるために、家庭教師をつけることになった。
〇成績が上がらず、塾からは追加の講座を受講するよう言われる。
〇家庭学習のため、祖父母や父親が家でゆっくりとがテレビを見ることもできない。
〇家庭学習のため、小さな弟や妹が家で騒ぐこともできない。
〇高い月謝を払って塾に入れたのに、家族全員が不幸になっている気がする。
〇年間受講料が100万円を軽く突破した。

お金を払って入塾させたのに、そのことでかえってお母さんが忙しくなり、家族に無理を強いている。それでも子どもの成績が上がって、最難関校に合格できるくらいになれば救われるが、今のままでは二志望や第三志望校になりそうなほど成績が低迷している。
 
 
このような状況にある方は是非、要学院の「中学受験コース」にお変わりください。
ほとんどの問題が解決します。

解決させるためのトップバッターは、宿題を家に持ち帰らせないことです。宿題がないわけではありません。大丈夫です。宿題はたっぷりあります。
 
宿題を丁寧に解かなければ、知識が定着しませんからね。
 
宿題は、要学院の家庭教師が教室内でしっかりと教え込みます。つまり、宿題が完了した状態で受験生諸君を家に帰すことになります。ですから、お母さんの負担が大きく減ります。
 
勉強というのは、わからない問題をわかるようにすることであり、そのためには受験生任せでは成果が全く上がりません。かといって、お母さんが教えることも現実的には不可能です。
 
要学院では、プロの家庭教師が、受験生諸君のわからないことを徹底的に教えていきます。その結果、わかるだけでなく、なぜそうなるのかまで理解できます。
 
解決させるための2番バッターは、学力年齢に見合った内容で教え込んでいくことです。受験生の学力年齢を無視した内容を指導しても、わからないことを積み上げるだけで、受験生ファーストにはなりません。
 
以下後日に続く。